<   2013年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

華先生のお料理レッスン

6月ももう終わりになりますが、今月も華先生のレッスンに行って来ました。
e0193207_11252659.jpg

ヒレ肉でいただく黒酢の酢豚と青菜炒め。
普通、酢豚は先にお肉を揚げますよね。今回は揚げないで作るレシピ。
黒酢も好き、酢豚も好き、揚げないでいいとなれば頻繁に食卓に登場しそう。
お肉も柔らかいしタレもとっても美味しい。
(お箸で切れちゃいます。)

e0193207_11303654.jpg

スープはアボガドで作る冷製スープ。
なんと具材だけでなくミキサーまでも冷やして作るので作るのは食べる直前。
これからの季節にありがたい。
胡麻のトッピングも美味しいの。
e0193207_11331918.jpg

赤のスパークリングワインは初めてかも。
美味しい♡、美味しい♡と喜んでいる方が約一名。
e0193207_11352752.jpg

デザートには生姜のシャーベット。
生姜はすりおろしたものを使います。
繊維があったりしても全く気にならず甘くてさっぱりして美味しい。
後味もすっきり。


先生のところでは調理器具もいろいろと気になる。
e0193207_113842.jpg

ユニークなトングでしょ。


お肉はヒレだけでなく他の部位でもオッケーだそう。
でも柔らかくいただけたのでヒレ肉買って来ようと思う。
[PR]
by jasmine-room | 2013-06-29 11:47 | レッスン

少しだけパリを散策ーパリ2日目

パリの朝には美味しいクロワッサンをいただきました。
e0193207_12173347.jpg

朝起きたら、体調も戻った様子。
バスに酔い夕飯なしだったので、お腹も空いているみたい。
フライドエッグ、ベーコン等合わせて美味しくいただきました。


前日にジヴェルニーの村でモネの庭と池を見たので、今度はオランジェリー美術館に行って
「睡蓮」の絵を見に行きました。
ホテルのある北駅から地下鉄を乗り継ぎコンコルド駅まで行くのですが、
この地下鉄でちょっとした事件が。
e0193207_12262373.jpg

こんな風に駅で写真を撮っていました。
電車が来たので乗りました。(私達は女性3人)
同時に3人の10代らしき女の子達が一緒に乗り込みました。
電車が動き始めた頃、相手の女の子が大して揺れもせず、混んでもいないのに
妙に接近してくっついて来たんです。
おかしい!とこちらも素早く反応して「EXCUSE ME!!」とキツく言ったところ
そのフランスの女の子はひいた様でした。
私も「ハッ!!」としてバッグを確認したら、ポシェットを斜め掛けにして
さらにコートで隠していたにもかかわらず、ポシェットのファスナーが開いていました。
アレッ?さっき切符買う時にお財布を出して閉め忘れた???
とも思いましたが絶対に忘れていないはず。

私もキツく言い返したところ、何もしてないよーみたいな顔したけど絶対におかしい。
その女の子達は次の駅ですぐに降りて行きました。

私がホームでのんきに一眼レフのカメラで写真なんぞ撮っていたから狙われたんかー
と思うと怖くて怖くて。。。何も捕られなかったから良かったけど。。。

地下鉄はあぶないから気をつけてとは聞いていたけれどもイマイチ人ごとのよう。
日本にいる時のように撮りながら街歩きなんてもう怖いなと思いました。
この後のパリはほとんどiPhoneで撮っていました。

さて気をとりなおしてオランジェリー美術館へ。
e0193207_12464316.jpg

ここもカメラ禁止。貴重品以外は預けます。
「睡蓮」
中央にベンチがあってグルリと睡蓮の絵に囲まれます。

と、ここでもあやしい男が!!
ベンチに座って絵を見ていると、絵でなくベンチに座っている人をまるで
獲物を狙うごとく鋭い目つきで歩く男を発見。これは絶対に狙っていると思いました。

でもモネの絵はとっても感動しました。前日その場所を見ているからなおさらです。


私はパリ、フランスは初めて行きましたが、ちょっぴり印象が悪い。。。
皆さんも地下鉄とかには気をつけて下さいね。


ロンドンに戻るためゆっくりと見学も出来ませんが、次はルーブル美術館の近くにある
「Astier de Villad」に向かいました。
e0193207_1321578.jpg

お店の前がたまたま工事中。
e0193207_132939.jpg

e0193207_1331087.jpg

帰りの荷物が大変になるけど、覚悟でお皿を持って帰りました。
お店の方も日本人のかたがいて梱包もていねいにしていただきました。

e0193207_138597.jpg
e0193207_13102570.jpg

ラファイエットでは少しお土産になるものを。
e0193207_13125548.jpg

結局日本食が恋しくなってきました。
クリームチーズのサーモン巻き寿司、この組み合わせ美味しいです。
アボガドとマグロはよくありますよね。

この日のお昼ご飯もパリで見つけたラーメン屋さんへ。
e0193207_13182333.jpg

私はカレーライスにしました。


今度海外に行く時に必ず持参しようと今回思ったものは
インスタントのお味噌汁(年でしょうか?)


一泊で駆け足でまわったパリでした。
夜に再び出国、再入国手続きでロンドンにもどります。
[PR]
by jasmine-room | 2013-06-27 09:12 | 旅行

早朝よりパリへ〜ジヴェルニー

朝早くロンドンを発ちユーロスターでフランスに向かいました。
e0193207_11181190.jpg

e0193207_11182535.jpg

列車で行くのですが、乗る前には必ず出国、入国の手続きをします。
なので列車のなかはフランスということ。
この感覚は日本ではないですね。

お昼前パリのNord駅に着き、ホテルに荷物を置いた後軽く食事をとってから
午後からのバスツアーに参加しました。
行き先はジヴェルニー村にある「モネの庭」です。
e0193207_11444190.jpg

ジヴェルニーへはパリからツアーバスで1時間半ほどです。
このツアーは日本人ばかり。ガイドさんもいて行きの車内ではモネのことを
いろいろとお話しして下さいました。
e0193207_1146405.jpg

道路をはさんでお庭と池があります。
池には睡蓮が、、、まだ咲いてませんでしたけど。
でも実際にここであの「睡蓮」を描かれたと思うと感動します。
e0193207_11462116.jpg

お庭にもたくさんのお花が咲いていました。
薔薇には少し時期が早かったですね。
でも庭と池と、、、維持と手入れはかなり骨が折れることでしょう。

e0193207_11544662.jpg

e0193207_1156545.jpg

e0193207_11561520.jpg

e0193207_11563920.jpg

当時、モネはお花が咲く時期になるといろいろと人を呼んでお庭を見せたそう。
その中には日本からのお客様もいらっしゃったよう。
どんな方が見に行ったのでしょうね。



パリへの帰り道、残念な事に私はバスに酔ってしまいました。
あんなに気分が悪くなったのは久しぶり。もともと酔いやすいのですが
旅行にご一緒した方のパリ在住のお知り合いとビストロでのディナー。。。
とてもじゃないけど体調が悪くて食事どころではありませんでした。
ホントにホントに残念。私にもお土産いただいたのに〜。。。
未だに悔やまれます。
[PR]
by jasmine-room | 2013-06-26 11:12 | 旅行

Kelmscott Manorへ

Chipping Nortonから南へBerfordを通り抜け車を走らせてKelmscott Manorに向かいます。
目的はウイリアム・モリスが家族と暮らした家を見る事でした。
e0193207_10395027.jpg


お家を見る前に併設のレストランでランチをとりました。
トレーの模様も見て下され。
モリスの柄ですぞ。
e0193207_1024447.jpg

e0193207_10242666.jpg

スコーンもとっても美味しかった。
それにこのスープの器、私がお料理を教わっている華先生も使っていらっしゃる。
次の日にパリに向かいましたが、パリでもこの器を見かけました。

そして、モリスの家。
水曜、土曜日の週二日だけオープンだそう。
ボランティアの方が各部屋にいて説明してくださる。
家の中は撮影禁止でしたので外だけ。
e0193207_10335248.jpg

e0193207_10384266.jpg

e0193207_1039544.jpg

家のなかは当時生活していたように家具があり、部屋ごとに壁紙・タペストリー・カーテン等
モリスのデザインを堪能できます。
ベッドカバー・刺繍なんて撮れなかったのがとても残念。
屋根裏部屋もとても立派。
多分使用人が使っていたのだろうけど私も住みたーい。


モリス繋がりで。。。
こちらは先に伺ったひとみさんの家の部屋の壁。
e0193207_1051810.jpg

改装しようと壁を剥がしたら見つけたそう。
当時の本物のモリスデザインの壁紙です。

この緑色にはヒ素が含まれているそう。
当時、壁紙の色を作る工場の人達も何百人もヒ素のため亡くなっていたり、
壁紙を貼った部屋でも中毒の症状が出たりしたらしいです。
今で言うとシックハウス症候群?なのでしょうね。


それはさておき、モリスが暮らしていた当時の様子がわかって、
またファブリック、刺繍を間近に見れてかなりエキサイトしてしまいました。


そして、そんな興奮も冷めやらぬままロンドンに戻りました。
コッツウォルズではずっとレンタカーで移動していました。
あちこち好きな所に行けるし車の方が便利です。


次の日はユーロスターでフランスに向かいます。
[PR]
by jasmine-room | 2013-06-25 10:16 | 旅行

コッツウォルズ最終日

この日は午前中はchipping Nortonと言うところでお買い物をしました。
こちらは近くにあるアンティークセンターです。
e0193207_9442719.jpg

e0193207_9444726.jpg

今回初めてのアンティークの買い物をしました。
e0193207_9465988.jpg

e0193207_9461449.jpg

こちらはチッピングノートンにあるアンティークのお店です。


イギリスにはチャリティーショップがあって見つければ覗くようにしています。
だって、いい物がかなりお安く手に入るんですもの。
絶対にお薦めです。

コッツウォルズにいるとアンティークの中で暮らしていることにもなるので
アンティークだからといって特別な感じは何もしなくなってしまいます。
ちょっと感覚が麻痺しちゃうような感じです。
それが普通だから。


田舎でのんびりと、時間もゆったりと流れて。。。
まるで別世界にいるようでした。


お買い物を楽しんだあとはウイリアム・モリスの住んでいた家がある
ケルムスコットに向かいます。
[PR]
by jasmine-room | 2013-06-24 09:38 | 旅行

イギリスで買いました

イギリスでは本屋さんも覗いてみました。
お目当ての本は見つけられなかったのですが。。
e0193207_856618.jpg

中はこんな感じ。好きな世界です。
e0193207_8564682.jpg

e0193207_857020.jpg

スーパーでは雑誌も。
e0193207_9211379.jpg

お料理の本。
e0193207_8583673.jpg

インテリアもお料理も眺めるだけでも楽しい。
撮り方の参考にもなりそうです。


そして日本から発つ日、ANAのラウンジで「あらっ??」と見かけた方。
偶然にも本屋さんでまたお見かけしました。
本は何冊か持っていてもお会いするのは初めて。
e0193207_965029.jpg

「あの〜井形慶子さんですか?」
「成田でANAのラウンジにいらっしゃらなかったですか?」
とたずねるとやはりそのようでした。
同じ飛行機だったのですね。
彼女は前述のささきひとみさんがコラムを書いている「Mr.partner」の編集長。
他にもイギリス関連の本をたくさん書いていらっしゃいます。
嬉しいハプニングでした。


本の写真、かなり画像が悪くてごめんなさい。
もしかしてカメラ壊れちゃったのかもです。

[PR]
by jasmine-room | 2013-06-23 09:29 | 旅行

ポキ山フォトレッスン

久しぶりにポキ山先生のフォトレッスンです。
今回は背景を変えてみたり構図に注意して撮りました。
e0193207_1834371.jpg

まずはリビングフォト仕様で。
e0193207_1845165.jpg

このチェックがとても可愛いの。
e0193207_1853159.jpg

同じお花を使っていますが背景が変わると印象がかなり変わりますね。
私はどちらも好きだわ。
e0193207_1872956.jpg

可愛らしいでしょ。

縦位置でお花のリビングフォトは久しぶりです。
初めて習う内容ではなくおさらいなので先生の話しも尚更わかりやすい。
苦手な部分もわかりやすく説明されるのでやはり受講して良かった。


今日はみなでランチに行こうねと約束してありました。
行ったのはフレンチトーストがお薦めの茅ヶ崎にある「pipipi」というお店。
e0193207_1817232.jpg

e0193207_18173250.jpg

とてもフォトジェニックなランチにみなパシャパシャ。
「ポキ山ファミリー」ですって。
先生も常連さん?お店のかたもわかっていらっしゃるのね。
[PR]
by jasmine-room | 2013-06-18 17:56 | レッスン

コッツウォルズ探訪②

ひとみさんの家を後にして次に向かったのはバイブリーのアーリントン・ロー。
e0193207_2029181.jpg

「イギリスでもっとも美しい村」とウィリアム・モリスがたたえた村です。
14世紀に羊小屋として建てられ、羊毛の保管倉庫としても使用されのちには職人の
家として使われたそう。
今も普通に住んでいる人がいるのでしょうね。
ちなみに2009年に撮ったのはこちら↓↓
あらー、同じだわ〜
そりゃそうだわよね、何百年も前からからあるんだもの。

e0193207_21142150.jpg


e0193207_20404832.jpg

近くのコルン川にはマスが泳ぎ、カモ、黒い白鳥もいました。
e0193207_20424321.jpg

こちらはスワンホテル。
泊まってみたーい。
このバイブリーにはアーリントン・ローやスワンホテルがありコッツウォルズの中でも
一番有名な村でしょうね。
e0193207_20524883.jpg

ここはマナーハウスのバイブリーコート。
ホテルでもあるのですが、なかなか泊まれるようなお値段ではないんです。
e0193207_20594616.jpg

e0193207_210747.jpg

お庭は自然な感じで時間がゆったりと流れているよう。
e0193207_2131986.jpg

e0193207_215744.jpg

前回と同様おトイレだけお借りしました。


この日はChipping Nortonに泊まります。
[PR]
by jasmine-room | 2013-06-17 20:19 | 旅行

コッツウォルズ探訪①

この日はkenilworth にあるホテルを出発してコッツウォルズの村々を楽しみました。
コッツウォルズは羊毛で栄えていたところで今もあちこちに羊を見る事ができます。
e0193207_18153756.jpg

少し暑い日でしたので、羊も木陰で休憩中です。
e0193207_1818599.jpg

e0193207_18234913.jpg

特徴は何と言っても「蜂蜜色の石」ライムストーンを使って建てられた家です。
どこを見てもこのような家が建っているんですよ。
e0193207_1830827.jpg

Snowshillのラベンダー畑に立ち寄りましたが、まだ少し早かった。
ラベンダーは咲いていません。。。残念。。
e0193207_18333154.jpg

Snowshillの村です。
映画「ブリジットジョーンズの日記」の撮影があった場所でもあります。
e0193207_184249100.jpg


Broadwayの村でサンドイッチを買って英国在住のささきひとみさんを訪ねました。
ここBroadwayではHigh Streetにはお店がたくさんありついショッピングに夢中になり画像がありませんの(汗)
e0193207_18483754.jpg

ご主人のマーティンはとても面白い人。カメラを向けてもこの通りです。
ひとみさんは「Mr.Partner」というイギリスを紹介する雑誌のコラムを書いています。
私も一時期この本を買っていた事があるんですよ。
e0193207_1853136.jpg

妻であり母でありアンティークショップのオーナー兼イラストレーター兼いろいろと。。。
とても多才な方です。
e0193207_1918354.jpg

スコーンとアップルパイ、サンドイッチで皆でランチにしました。
e0193207_19191218.jpg

キッチンもとっても素敵でしょう。
e0193207_19282528.jpg
 
いろいろなものを利用した手作りの棚。
何気なく置いてありますがみなアンティークなんです。
まぁ、お家自体アンティークですから。


おしゃべりも充分に楽しんだ後はバイブリーに向かいます。


つづく。。。
[PR]
by jasmine-room | 2013-06-15 18:10 | 旅行

小梅の砂糖漬け

帰国後まだ時差ぼけが直らずどうせ眠れないから夜中走っちゃえーと、
長野の松本にある伯母の家に行って小梅の砂糖漬けを教わってきました。
e0193207_973376.jpg

どうしてもピントが合わなくなりました。これが限界。PEN壊れちゃったのかな?

e0193207_912311.jpg

小梅はあらかじめ塩でよくもみ水につけて一晩置きます。
e0193207_9141126.jpg

その梅をこちらの道具を使って種を取ります。
初めて見ました。うちの近所では売っていない。
この種を取る作業は本当に骨が折れます。すごく大変でしたよ。
伯母はどうせ漬けるならと4キロの梅を用意してくれましたが、半分でギブアップ。
e0193207_9192213.jpg

砂糖と焼酎を入れてまた一晩置きます。
e0193207_9192436.jpg

赤いしその葉を塩もみして色を出します。
三日目にようやく氷砂糖と塩もみしたしその葉を入れて漬け込みます。
e0193207_9254963.jpg

最初の一枚目の写真は漬け込んですぐの状態ですが、こちらは三日目。
もうこんなに赤く浸かってきました。

左の大きな梅は帰国後すぐに漬けた梅酒です。
いつもなら梅のシロップですが、とうとう息子から梅酒がいいとリクエスト。


伯母も今年はもう米寿。
伯父はすでに他界。子どももいないし。。。
私の両親と弟はこの梅が大好き。私がしっかり受け継がねばと思いました。
美味しく出来るといいな〜

でも種を取るのがこんなに大変とはね。。。
[PR]
by jasmine-room | 2013-06-13 20:02 | hand made


ジャスミンの気ままな雑記帳


by jasmine-room

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

横浜公園チューリップ
at 2016-04-12 22:24
今年のヒヤシンスは。。。
at 2016-03-04 10:49
deuxRさんのフライングリース
at 2016-01-24 09:46
やっと日常
at 2016-01-05 17:27
2016年 元旦
at 2016-01-01 19:50

以前の記事

2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 08月

カテゴリ

全体
おでかけ
hand made
photo
dairy
レッスン
旅行
photoshop elements
未分類


その他のジャンル

ブログパーツ

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧